トヨタ エスクァイア購入記!エスクァイア値引きレポートA kyotoloveさん

エスクァイア

 

契約日

2016年5月29日

ネーム 年齢 性別
kyotolove/40代前半/男性
商談地

京都府

購入グレード

エスクァイア Xi 8人乗り

メーカー
オプション

スーパークリングブラックパールクリスタルシャイン
SRSサイドエアバック

ディーラー
オプション
他装備付属品

T-Conncot9インチナビ
DSRCビルトインタイプ
マルチアングル全周囲モニター
フロアマット(デラックスタイプ)
オットマン(二個セット)

オプション総額

499,608円

車庫証明
カット
納車費用
カット
車両本体価格
からの値引き額

285,347円

オプションからの
値引き額

0円

無料サービス品名

ガラスコーティング
ガソリン満タンサービス
スタッドレスタイヤセット(ホイールつき)

185,000円

値引き合計額
470,347円
購入総額
(下取り分含まず)

3,160,000円

下取り車

トヨタ ヴィッツ 2002年式 シルバー

下取り車の価格

55,000円

下取り車の売却先
ディーラー
値引き交渉レポート!

次の車はミニバンにしようと妻と話し合い、初めはトヨタのベルファイアにしようかと思っていました。そんなとき、エスクァイアという車を発見。なんと横幅がそれほどおおきくなく、5ナンバー枠の車だったのです。

 

デザインもなかなかに厳つく、私好みでした。妻にはちょっと厳つすぎるかなと思いましたが、厳つさはベルファイアと大して変わらないこと、何より幅が小さくて運転がしやすいことに関心を覚え、妻はこれがいいと言いました。


実際に車を見に行くと、なかなかの荘厳感。これならアルファードやベルファイアにもまったく引けをとりません。価格もその二車種に比べてまだお安いですし、買いやすいです。


それほど街中で走ってもいませんし、逆にいいなって気に入りました。
しつこく思われたかもですが、妻と三度ほどショールームを訪れ、車を何度も確認し、二人の中でこれにしようと決めました。


四度目の再訪。すべて同じ営業さんがついてくれました。嫌な顔をせず、きちりとした対応をしてくれましたし、この方からぜひ買いたいと思っていました。あとは値段次第です。


値引き交渉は10万円から始まりました。もちろんそれで納得はできません。妻が家計が苦しいだの、他の方がもう少し値引きしてくれていたなど、ありもしない(家計が苦しいのは嘘ではないでしょうが)話を幾度となく繰り返し、営業さんの気を引き、値引きは今のところ28万円引きまでいっていました。

 

商談が始まって約4時間。長期戦です。営業さんもここで引いてはすべてが無駄になると思っているのでしょう。途中に車の話を入れてきたり、私たちの子供の話をしてきたり、商談に飽きがこないように巧みに話を続けていきます。


値引きはもうこれ以上は無理だと、そんな流れになってきたので、次はせめて何かサービスしてくれという話になってきました。


こちらが望んだのは、ガラスコーティング、ガソリン満タンサービス。ネットで調べたら、これくらいは当たり前のようにしてもらわなければ駄目だと書き込んでありました。


次に強請ったのが、スタッドレスタイヤです。もちろんホイール付き。私たちは冬は絶対に履き替えているので、必須でした。どんな安いものでもいいからこれをつけてくれと言いました。


さすがに高額になるので、営業さんも簡単にうんとは言いません。タイヤを付け替えるときに工賃は無しでさせてもらいますとか言ってきました。それもありがたい話ですが、それをつけてくれるかどうかで、また1時間ほど粘りました。

 

最後は営業さんも疲れたのでしょう。半ば呆れるように、「それで決めてくれますよね?」と言い放ちました。一応上の肩の了承を取り、スタッドレスタイヤセットをゲット。私たちの勝ちです!


ものはこちらでまた決めさせて頂きますとのことで、もちろんもらえるのなら贅沢は言いません。
私たちはいい商談もでき、うきうき気分で帰途につきました。エスクァイアに乗れることが楽しみです。


 

 

こちらも参考に!エスクァイアを安く買う値引き交渉術!

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2014-2018 トヨタ エスクァイアを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com