エスクァイア値引きレポート!ハイブリッド Gi値引き額40.5万円-オーレさん

エスクァイア

 

契約日

2017年4月9日

ネーム 年齢 性別
オーレ/30代前半/男性
商談地

広島県

購入グレード

エスクァイア ハイブリッド Gi

メーカー
オプション

--

ディーラー
オプション
他装備付属品

T-Connectナビ 9インチモデル
ETC2.0ユニット・ビルトインタイプ(ナビ連動タイプ)
マルチビューバックガイドモニター
12.1型後席ディスプレイ
サイドバイザー(RVワイドタイプ)
ガーニッシュセット(陽炎)
フロアマット(デラックスタイプ)
ラゲージトレイ
リバース連動ミラー

リモートスタート(スマートキー一体タイプ)
オプション総額

615,600円

車庫証明
カット
納車費用
カット
車両本体価格
からの値引き額

400,000円

オプションからの
値引き額

5,776円

無料サービス品名

--

値引き合計額
405,776円
購入総額
(下取り分含まず)

3,620,000円

下取り車

スズキ ワゴンR 2012年式 黒

下取り車の価格

600,000円

下取り車の売却先
ディーラー 
値引き交渉レポート!

親が車を買ってくれるというので、甘えることにしました。親はドイツ車に乗っていて、勧められましたが、私は国産のミニバンタイプの車が良かったのです。妻も乗りやすいように、あまり大きくないミニバンを求めました。
目についたのがトヨタのエスクァイアです。


幅が広くなく、5ナンバーの車だったんですね。これだったら妻も運転が怖くないというので、エスクァイアを見に行こうとなりました。


実際にディーラーに見に行くと、まあまあ大きく見えました。妻はこれでも、乗れるかな?と言っていました。まぁでもまずは乗ってみなくては分からないと、試乗もさせてもらいました。私もしましたが、主に妻がしました。


「どうでしょうか?奥様」


と営業さんが気遣って聞いてきます。


「中で見るよりは大きく感じなかったです」


「それは良かったです。乗れそうな感じですか?」


「はい。ちょっとまだ怖いけど、慣れれば大丈夫かな?」


妻は運転が苦手で、同じくらいの大きさでも、車が変わると乗れなくなるのです。今乗っている車は軽自動車なので、エスクァイアでもかなり大きく感じていることでしょう。


妻が乗れるとなれば車はエスクァイアに決まりました。あとはお金の問題です。
後日あらためて、親とディーラーを訪れました。買ってもらうので、親にも実車を見てもらいました。
特に反対もされず、商談テーブルに着きます。


「この度はありがとうございます」


営業さんが父にあいさつします。


「まだここで買うって決めてないよ。値段次第だし」


営業さんは苦笑いで返してきます。


「ですよね。買って頂けるよう頑張ります」


「値引きも、下取りも頑張ってよ」


「はい。もちろんです」


そうして見積もりをしてもらい。値引きは34万円。下取りも50万円までつけてくれました。
私としては、かなり頑張ってくれているなぁと思いましたが、父はさらに攻めていました。


「これじゃあ買えないなあ」


そんな言葉を何度も言って、最終的には、値引き40万円。下取り60万円までにしていました。
それで決まりましたが、とことんやられて、営業さんもやつれた感じになっていました。


「なんかすみません」


父の代わりに謝ると、営業さんは力なく言ってきます。


「いえいえ。買って頂けて良かったです」


「本当にありがとうございます。これから宜しくお願いしますね」


「こちらこそお願いします」


ちょっと営業さんには気の毒な商談でしたが、エスクァイアに無事決まりました。父と営業さんに感謝です。

 

 

 

こちらも参考に!エスクァイアを安く買う値引き交渉術!

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2014-2018 トヨタ エスクァイアを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com